アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

0
    アトピー性皮膚炎ってどんな病気ですか? と聞かれて、こういう病気です、とひと言で説明するのは実はたいへんむずかしいことのようです。

    アトピー性皮膚炎の症状は?


    一般には「赤ちゃんのころから繰り返し出る慢性の湿疹」といういい方をされていますが、これだけでは説明が不十分です。


    というのは、アトピー性皮膚炎は症状だけでは判断できないからです。 

    hatena_r.png
    たとえば、虫に刺されてはれ上がったあとなら、一目見て「これは虫刺されですね」といえますが、アトピー性皮膚炎にはいろいろな症状があるのです。


    湿疹と言っても様々で、ジクジクしたものや、あせものように一つ一つ盛り上がったもの、ただれているようなものや、毛穴が目立ってボツボツしているもの、乾燥していてカサカサしているものなど実に多様です。 


    それにこうした皮膚の症状があっても、ジンマ疹や、衣類などの物理的な刺激で起こる接触性皮膚炎、ウイルスによる病気など、アトピー性皮膚炎以外の病気も考えられます。 

    atopy_r.png

    また、アトピー性皮膚炎は乳幼児だけのものといわれていますが、それも誤解で、実際には赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる年代に見られる病気です。


    子どものころは何ともなかったのに、ある年齢になって初めてあらわれることももちろんあります。


    実際私も発症したのは27歳の時でした。


    そのため、高齢者の湿疹だからアトピー性皮膚炎ではないだろうと、年齢だけで単純に判断することもできません。 


    そんな中で、あえてアトピー性皮膚炎と判断するためには、もっとほかの決め手が必要です。 


    アトピー性皮膚炎の判断基準1【体質】



    アトピー性皮膚炎の判断基準の一つが体質です。


    アトピー性皮膚炎になりやすい人はアトピー体質という体質を持っている人で、これは生まれつきのものだという説があります。


    アトピー体質とはアレルギーの一種ですから、家族にアレルギーの人がいるかどうかを聞けば、その人がアトピー体質を受け継いでいるかどうかのおおよその見当もつきます。 


    アトピー性皮膚炎の判断基準2【抗体の量】



    もっとはっきりさせるなら、血液検査をすることが必要です。


    根底にアトピー体質のある人は、そうでない人にくらべて血液中のIgEという抗体の量が多くなっているからです。 


    アトピー性皮膚炎の判断基準3【皮膚の性質】



    症状、体質のほかにもう一つ大事な決め手となるのは皮膚の性質です。


    アトピー性皮膚炎を起こす人は、アトピック・スキン(アトピー性皮膚)といって、毛穴がザラザラした、脂分の少ない乾燥性の皮膚の人が多いといわれています。


    こういう皮膚は刺激に対する抵抗力が弱く、また皮膚の表面からもアレルゲンが侵人しやすいのです。 



    赤ちゃんに湿疹ができると「うちの子、アトピー性皮膚炎みたいです」と、何でもかんでもアトピー性皮膚炎にしてしまうお母さんがいますが、厳密にいえば、これらのことを調べたうえで初めてアトピー性皮膚炎の診断を下すことができるのだそうです。


    米のしずくに含まれるlk117乳酸菌は、アトピーや乾燥肌など敏感な肌に効果が期待できます。


    このような肌質に悩んでいる方におすすめです。

    >>敏感な人にこそ試してほしい乳酸菌米のしずく


    【関連記事】

    菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

    米のしずくはアトピー(アレルギー)の薬と併用してもいいの?

    米のしずくの添加物について

    米のしずくアトピー効果のタブレットと乳酸菌飲料の違い

    菊正宗米のしずくを試したアトピー性皮膚炎の子供の感想は?




    コメント
    コメントする








       

    【米のしずく公式サイト】

    米のしずく

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM