アレルギーと免疫は背中合わせ

0

    アレルギーで苦しむ人は非常にふえています。

    ほんの少し卵を食べただけでもバーッと全身にジンマ疹が出てとてもかゆがる赤ちゃん、
    家の中のダニが原因でゼンソクの発作を繰り返す子ども、
    春のスギ花粉の時期になると目がショボショボして、鼻水くしゃみが止まらなくなる人。
    mekayui.png

    でもなぜ私たちの身の回りにある一見何でもないようなものが、アレルギーを起こす原因になるのか、実に不思議です。 

     

    やっかいなアレルギー反応は、体を守る免疫と同じ仕組みで起こる。

     

    私たちの身体には外から何かが入ってくると、まずそれを異物として識別し、次にそれを排除しようとする能力が備わっています。

     

    このような身体の働きを「免疫」といいます。

    たとえば、ウイルスや細菌などが身体に侵入するとすばやくキャッチして、「これは敵だ!」と判断し、やっつけようとて攻撃しはじめます。

    と同時に、その異物が再び入ってきたときにはまたすぐに攻撃体勢がとれるように、抗体というものが作られます。

    良く知られているのは「はしか」の例です。

    「はしか」は一回かかると二度かかることはありませんね。 

    なぜかというと、最初にかかったときに身体の中にはしかに対する抗体ができ、再びウィルスが侵人してきても、抗体がそのウイルスをやっつけてくれるからです。

    これを抗原抗体反応といいます。

     

    そのうえ、リンパ球がウイルスを抑えたり、抗体の手助けをしたりもするのです。

     

    アレルギー反応のしくみも実はそれと同じ働きなのです。

     

    アレルギーを引き起こす抗体IgEとは?

     

    ふだんから卵をたくさん食べたり、あるいはダニの多いところで生活したりしていると、体の中にそれらをたくさん取り込んでいることになります。

     

    このように大量の異物が入ってくると、体はそれに対してせっせと抗体を作ります。


    そのとき作られるさまざまな抗体の中の一種にIgEという抗体があり、これがアレルギーを引き起こす元凶です。 

    IgEは、作られると皮膚の下にあるマスト細胞という細胞の表面にくっつきます。

    そこへ再び卵やスギ花粉などの抗原が入ってくると、それっ、とばかりにそれらの抗原とIgEがたちまち結合してしまいます。

    つまり抗原抗体反応が起こるわけです。
    namida.png
    するとマスト細胞が壊れて中に入っていた化学物質が出て、かゆみや湿疹、鼻水などの症状となってあらわれるのです。 

    同じ抗原抗体反応であっても、体を病気から守ってくれるように有利に働くと免疫で、逆に、不利に働いて卜ラブルを起こすとアレルギーだといえるでしょう。

     

    菊正宗LK-117のチカラ

     

    このように、本来であれば体を守ってくれるはずの免疫システムがアレルギーを起こしてしまったら、もう打つ手はないのかというとそんなことはありません。

     

    菊正宗の酒蔵から見つかった乳酸菌が、アレルギーを抑制してくれる働きを持つことが明らかになっています。

     

    このLK-117と名付けられた乳酸菌は「米のしずく」の主成分であり、アトピーやアレルギー体質の強い味方となっています。

     

     

    【関連記事】

    アトピー抑制が得意な米のしずくのlk-117乳酸菌

    菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

     

    お試しドリンクタイプを飲んでみた感想

     

    米のしずくアトピー効果のタブレットと乳酸菌飲料の違い

     

    菊正宗の通販 米のしずくを最安値で一番お得に購入する方法


    コメント
    コメントする








       

    【米のしずく公式サイト】

    米のしずく

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM