アトピー・アレルギーに良い菊正宗 米のしずくの製造方法

0
     アトピー・アレルギーに良い菊正宗 米のしずくは、具体的にどのようにして製造されているのでしょうか?

    塩麹や甘酒をよく作るんですが、菊正宗 米のしずくもおんなじような感じなのかな?


    アトピー・アレルギーに良い菊正宗 米のしずくのおおまかな製造方法



    菊正宗 米のしずくの定期購入をしていますが、入っていたコラムに米のしずくの製造法が載っていました。

    大変おおざっぱですが、米のしずくドリンクの製造方法は次のとおりです。


    1. 粉砕したお米「ホシニシキ」を水に投入
    2. 酵素剤を入れてデンプンや蛋白質を分解
    3. 乳酸菌「LK-117」を植菌
    4. 2日間培養
    5. 増粘多糖類や香料を混ぜて瓶詰後、殺菌


    最初に植菌した乳酸菌「LK-117」は2日間で何十倍にも増殖します。
    菊正宗 米のしずくドリンク50mlには、この発酵液を25ml使用しているので、8×100000000×25
    =200億もの乳酸菌「LK-117」が含まれていることになります。

    菊正宗 米のしずくタブレットには、米のしずくドリンクの発酵液の培養条件を少々変えて、菌体量が5倍以上になるような条件で発酵させています。

    菊正宗 米のしずくタブレット3粒中には発酵液5m1分の乳酸菌が含まれている為、ドリンクと同等の乳酸菌が含まれているわけ
    です。

    菊正宗 米のしずくタブレットの場合は、この後、発酵液を凍結乾燥・粉砕し、賦形剤や甘味料や香料を混合し、打錠して製品としています。

    菊正宗 米のしずくタブレットはドリンクよりも多くの種類の原材料が用いられていますが、タブレットの形状を保つためのもの、歯触りを良くするためのもの、食べ易くするためのものと、どれも必要な成分ばかりです。

    安全性については厚生労働省やFDA(アメリカ食品医薬品局)で、その安全性が確認された成分のみを使用しています。

    さらに、菊正宗 米のしずくドリンクもタブレットも、アレルギー特定原材料(表示義務7品目、表示推奨20品目)を含むものは入っていませんので、アレルギー特定原材料に対するアレルギーをお持ちの方でも安心して飲んだり食べたりすることができますよ〜。

    >>菊正宗 米のしずくはコチラ



    【関連記事】

    菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

    米のしずくはアトピー(アレルギー)の薬と併用してもいいの?

    米のしずくの添加物について

    米のしずくのタブレットと乳酸菌飲料の違い

    菊正宗米のしずくを試したアトピーの子供の感想は?




    コメント
    コメントする








       

    【米のしずく公式サイト】

    米のしずく

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM