米のしずくの添加物について

0
    乳酸発酵食品である米のしずくには、飲みやすくにしたり、その形状を保つためにいくつかの添加物が使われています。

    基本的に米のしずくは、収穫されたばかりの新米を米粉にして乳酸菌「lk-117」を用いてじっくり発酵させたものですが、商品化するにあたって、美味しくするための甘味料や香料が使われています。

    もちろん保存料や着色料などの添加物や表示義務のあるアレルゲン物質は含まれていませんが、アレルギーやアトピー持ちの人には気になりますよね。

    でも大丈夫。入っているものは以下のとおりです。

    米のしずくタブレットタイプの添加物


    タブレットタイプのには、ドリンクタイプと比較して多くの原材料が使われています。

    原材料名のところには以下のような表記が!
    米のしずくタブレットタイプ添加物

    これはタブレットの形をとどめる為のもの、歯へのくっつきを抑えるためのもの、美味しくするための甘味料と香料です。

    ドリンクタイプに入っているものは?


    ドリンクタイプの原材料は、次のとおり。
    米のしずくドリンクタイプ原材料

    増粘多糖類と安定剤は、トロミを出して飲みやすくするためと、沈殿を防ぐために入っているそうです。

    増粘多糖類の成分はセルロースやデキストリンでトウモロコシ等の天然由来。

    また安定剤の成分はペクチンで、レモンやライム等の天然由来なので安心です。

    米のしずくのタブレットにもドリンクにも入っている添加物


    どちらにも香料が入っていますが、これはレモン・オレンジ・モモなど。

    できるだけ米の風味を残すためにごく少量が使われているようです。

    それに大事なことは、アレルギー体質に作用する保存料や着色料は使われていないってこと。

    もちろんえび・かに・小麦・そば・卵・乳・落花生等のアレルゲン物質は含まれていませんので、安心して飲んだり食べたりできますね。

    ↓アトピーやアレルギーのために試してみたい人は、米のしずくお試しセットで一度体験してみて下さい。
    お喜びの声多数!酒造の乳酸菌「お試しセットは1,500円」



    【関連記事】

    菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

    米のしずくはアトピー(アレルギー)の薬と併用してもいいの?

    菊正宗米のしずくを試したアトピーの子供の感想は?

    米のしずくアトピー効果のタブレットと乳酸菌飲料の違い




    コメント
    コメントする








       

    【米のしずく公式サイト】

    米のしずく

    selected entries

    categories

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM