スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アトピーの子どもが増えているのはなぜ?米のしずくで強い体に?!

    0

      皮膚のトラブルで病院を訪れる子どもの約9割までがアトピー性皮膚炎だというデータもあるようです。

      アトピーの子供

      毎年春先になると必ず花粉症がマスコミの話題になるのを見てもわかるように、子どもだけでなく、成人の間でもアレルギーの病気がふえています。昔はアレルギーというと特殊な病気のように思われていましたが、今やそうではないほうが珍しいくらいの時代になっています。

       

      アレルギーといっても病院通いをするようなものから、朝起きたとき少しせき込むとか、たんが詰まるとか、季節によってちょっと鼻が詰まるとかいう、本人もほとんど自覚していないような軽いものまであります。

       

      そういったものもすべて含めると、おそらく現代人の10人のうち9人までは何らかのアレルギーがあるのではないかと思います。なぜこれほどまでにアレルギー疾患がふえているかというと、衣食住、それに環境の変化が大きな原因だといわれています。


      まず、食べ物ですが、昔にくらべると私たちの食生活はずいぶん贅沢になっています。それと同時に子どもから大人まで、食べるものも多彩になり、バターやチーズなどの乳製品とか、西洋料理に欠かせないスパイス類など、昔は食べなかったようなものも日常的に食卓に上るようになっています。
      アトピー・アレルギーの原因物質

      日本人が大昔から何世代にもわたって食べてきた食品に対しては、遺伝的にlgG4というアレルギー反応を抑える抑制抗体も作られています。ですから、おなじみの食品を少々食べてアレルギーを起こしても、2〜3年で自然に抑制抗体が作られ、症状を起こさなくなるものです。

       

      しかし、食べ慣れていないものについては当然、この抑制抗体もできにくいので、アレルギーを起こしやすく、治りにくいのです。

       

      昨今の自然食ブームも、アレルギーを増やしている一因です。「玄米のほうが栄養価が高いし、肌もきれいになるというから玄米食を始めたの」などといって、白米から玄米や胚芽米に切り加える自然食信奉者がふえているようですが、これらの自然食にも思わぬ落とし穴があるのです。

       

      玄米のぬかや胚芽米の胚芽の部分には確かにビタミンなどの栄養素が含まれていますが、グルテンというタンパクも多く、このタンパクがアレルギーを起こすもとになっています。その証拠に、成人では米や小麦などの穀類でアトピー性皮膚炎を起こす人も少なくありません。

       


      住まいについてみても、現代の住宅は断熱材やアルミサッシの普及で非常に気密性がよくなりました。ということは、気密性がよくなったことで、通気性が悪くなり、ダニやカビが繁殖するのに絶好の環境であるということです。

       

      さらに、畳の上にカーペットを敷いたり、狭い部屋に家具をたくさん並べたり、ペットを飼う家庭が多くなりました。

      どれをとってもアレルギーを起こすのに一役買っているものばかりです。

       

       

      着るものにしてもそうです。高級指向とやらで羊毛布団に羽毛布団、それに絹や獣毛の衣類も広く普及するようになりました。
      繊維の中では、こまかい毛の出るこれら動物性の繊維が最もアレルギーを起こしやすいといわれています。 



      環境の面での問題は大気汚染です。
      大気汚染がアトピーの原因
      特にディーゼル車の排気ガスに含まれるカーボンがくせ者です。このカーボンは非常に吸着力が強く、花粉やダニなどのアレルゲンにくっついて体の中に入ります。しかも、いったん入るとなかなか排出されないためにアレルギー反応がいつまでもつづくのでやっかいです。

       

      また、車がまき散らす粉塵が気管支の粘膜を荒廃させ、アレルゲンを侵入しやすくしてしまうともいわれています。

       

      アレルギーは文明病とも呼ばれますが、こうして見てみると、確かに文明の発達の結果私たちが手に入れたものが、今度はアレルギーの原因となって私たちに牙をむいていることがわかります。ことに赤ちゃんは、生まれたときからもうアレルギーになる原因が周りにいっぱいあるわけですから、アトピーの子どもがふえるのも当然です。

       

      これから先も物質文明はますます豊かになる一方でしょうから、アレルギー患者もこの先ふえることはあってもけっして減ることはないでしょう。

       

      アレルギーに強い体を育む乳酸菌lk-117

      アトピーやアレルギーにならないように衣食住や環境に気を付けて生活するのが一番いいのですが、今やそのような生活環境を整えることは不可能です。菊正宗酒造の健康食品「米のしずく」には、強い身体を作るために必要な体内環境を整える働きをもつ独自の「アトピー抑制が得意なk-117乳酸菌」が入っています。

       

      【関連記事】>>菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

       

      時短につながる便利なものがたくさんある現代ですが、長い年月をかけなければ手に入らない強くて貴重なものが、現在病ともいわれるアレルギー疾患を救うのかもしれませんね。

       

      アトピーの子ども(幼児)の米のしずく体験談は?

      菊正宗の伝統のある酒蔵からみつかって、その働きが明らかとなった乳酸菌lk-117は「米のしずく」という名称のドリンク剤とタブレットに使われているのですが、実際にアトピーの子どもが試してみた体験談を集めてみました。私自身も米のしずくを定期購入していますが、いつも「お客様の声」として入っているものです。

       

      なので、多くは愛用者の方のご意見ですが、アトピーのお子さんがいらっしゃったら参考になるかもしれません。

       

      眠れるようになりました。


      T-AN162_L_r.png

      娘の2歳の子供(男児)が、飲み始めて半年。

      夜もかわいそうにかいていたのがだんだん眠れるようになってきたみたいです。

       

       

      朝まで眠ることができます。


      子供(2歳 男性)に与え始めて4〜5ヶ月たちました。ステロイドを使わないで夜は本当に1度起きると1時間以上平気でかいていました。

      それがこの頃トイレに起きるだけですぐに眠りにつく様になり朝まで眠ります。すすめてくれた母に感謝です。

       

       

      マシになってきました。


      4歳の息子が肌が弱くカサカサでかきむしって困っていました。まだ10日ほどですがかゆみが少し軽くなっている様です。

       

       

      娘も飲み始めました。


      4歳のお兄ちゃんの肌に潤いがなく夜も痒がって眠れない日もあるほど。でも、米のしずくをはじめてから11ヶ月がたち、少し落ち着きはじめています。

       

      最近では2歳の妹も一緒に飲んでいます。

      T-AN082_L_r.png

       

       

      もうすぐ1年になります。


      4歳の男児です。体が乾燥気味で痒くて辛そうでしたが、あまり掻くことがなくなってきたようです。

       

       

      きれいになりました。


      3歳(男児)から飲ませていて、もう4歳になりました。

      肌が弱く、とてもかゆがって大変でしたが、米のしずくを13ヶ月毎日飲んでいたら、少しづつかゆがらなくなりました。今ではきれいな肌になってきています。

       

       

      寝る前の楽しみです。


      2歳になる孫(男の子)に飲ませています。7ヵ月目です。眠る前の楽しい習慣になっています。

      あまりかかなくなったかもと、娘も喜んでいます。


      Y-AN005_L_r.png

       

       

      便通が良くなったようです。


      5歳の息子で、米のしずくの定期便2ヶ月になります。

      便通は、以前より良くなったと思います。カサカサ肌も昨年より良いようなので、もう少し続けてみようと思ってます。

       

       

      去年よりラクです。


      去年の肌の状態に比べると今年は乾燥もあまり気にならず痒みもましなようです。

      これからも続けてみます。5歳の男子でドリンクタイプ4か月目です。

       

       

      かなり良い状態になりました。


      息子のために飲料タイプを9ヶ月継続中です。2歳でアトピーがひどかったけれど、飲ませている間に、悪化することなくすっきりとまでは治っていませんが、だんだんときれいな状態へ変化してきました。

       

       

      2年目に入りました。


      5歳の子供(男性)はアレルギー体質で、全身がかゆくてボツボツも出ますが、少し楽だと言っています。

       

       

      続けやすいようです。


      4才の息子に毎日お風呂上がりに与えていますが、飲みやすいようで嫌がることもなく続けています。

      T-AP033_L_r.png

      乾燥肌に悩まされていましたが、1年と2ヶ月の間飲み続けているうちに改善されてきているみたいです。

       

       

      飲んでいる期間は一番短くて10日くらいから、2年以上続けている方もいるようです。

       

      赤ちゃんや小さなお子さんはドリンクタイプを飲んでいるようですね。

       

      タブレットはもう少し大きくなってから与える方がよいようです。


      ↓10日間のお試しトライアルがあります。

      >>肌が敏感な赤ちゃんも飲んでいる米のしずくはこちら


      アレルギーと免疫は背中合わせ

      0

        アレルギーで苦しむ人は非常にふえています。

        ほんの少し卵を食べただけでもバーッと全身にジンマ疹が出てとてもかゆがる赤ちゃん、
        家の中のダニが原因でゼンソクの発作を繰り返す子ども、
        春のスギ花粉の時期になると目がショボショボして、鼻水くしゃみが止まらなくなる人。
        mekayui.png

        でもなぜ私たちの身の回りにある一見何でもないようなものが、アレルギーを起こす原因になるのか、実に不思議です。 

         

        やっかいなアレルギー反応は、体を守る免疫と同じ仕組みで起こる。

         

        私たちの身体には外から何かが入ってくると、まずそれを異物として識別し、次にそれを排除しようとする能力が備わっています。

         

        このような身体の働きを「免疫」といいます。

        たとえば、ウイルスや細菌などが身体に侵入するとすばやくキャッチして、「これは敵だ!」と判断し、やっつけようとて攻撃しはじめます。

        と同時に、その異物が再び入ってきたときにはまたすぐに攻撃体勢がとれるように、抗体というものが作られます。

        良く知られているのは「はしか」の例です。

        「はしか」は一回かかると二度かかることはありませんね。 

        なぜかというと、最初にかかったときに身体の中にはしかに対する抗体ができ、再びウィルスが侵人してきても、抗体がそのウイルスをやっつけてくれるからです。

        これを抗原抗体反応といいます。

         

        そのうえ、リンパ球がウイルスを抑えたり、抗体の手助けをしたりもするのです。

         

        アレルギー反応のしくみも実はそれと同じ働きなのです。

         

        アレルギーを引き起こす抗体IgEとは?

         

        ふだんから卵をたくさん食べたり、あるいはダニの多いところで生活したりしていると、体の中にそれらをたくさん取り込んでいることになります。

         

        このように大量の異物が入ってくると、体はそれに対してせっせと抗体を作ります。


        そのとき作られるさまざまな抗体の中の一種にIgEという抗体があり、これがアレルギーを引き起こす元凶です。 

        IgEは、作られると皮膚の下にあるマスト細胞という細胞の表面にくっつきます。

        そこへ再び卵やスギ花粉などの抗原が入ってくると、それっ、とばかりにそれらの抗原とIgEがたちまち結合してしまいます。

        つまり抗原抗体反応が起こるわけです。
        namida.png
        するとマスト細胞が壊れて中に入っていた化学物質が出て、かゆみや湿疹、鼻水などの症状となってあらわれるのです。 

        同じ抗原抗体反応であっても、体を病気から守ってくれるように有利に働くと免疫で、逆に、不利に働いて卜ラブルを起こすとアレルギーだといえるでしょう。

         

        菊正宗LK-117のチカラ

         

        このように、本来であれば体を守ってくれるはずの免疫システムがアレルギーを起こしてしまったら、もう打つ手はないのかというとそんなことはありません。

         

        菊正宗の酒蔵から見つかった乳酸菌が、アレルギーを抑制してくれる働きを持つことが明らかになっています。

         

        このLK-117と名付けられた乳酸菌は「米のしずく」の主成分であり、アトピーやアレルギー体質の強い味方となっています。

         

         

        【関連記事】

        アトピー抑制が得意な米のしずくのlk-117乳酸菌

        菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

         

        お試しドリンクタイプを飲んでみた感想

         

        米のしずくアトピー効果のタブレットと乳酸菌飲料の違い

         

        菊正宗の通販 米のしずくを最安値で一番お得に購入する方法


        アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

        0
          アトピー性皮膚炎ってどんな病気ですか? と聞かれて、こういう病気です、とひと言で説明するのは実はたいへんむずかしいことのようです。

          アトピー性皮膚炎の症状は?


          一般には「赤ちゃんのころから繰り返し出る慢性の湿疹」といういい方をされていますが、これだけでは説明が不十分です。


          というのは、アトピー性皮膚炎は症状だけでは判断できないからです。 

          hatena_r.png
          たとえば、虫に刺されてはれ上がったあとなら、一目見て「これは虫刺されですね」といえますが、アトピー性皮膚炎にはいろいろな症状があるのです。


          湿疹と言っても様々で、ジクジクしたものや、あせものように一つ一つ盛り上がったもの、ただれているようなものや、毛穴が目立ってボツボツしているもの、乾燥していてカサカサしているものなど実に多様です。 


          それにこうした皮膚の症状があっても、ジンマ疹や、衣類などの物理的な刺激で起こる接触性皮膚炎、ウイルスによる病気など、アトピー性皮膚炎以外の病気も考えられます。 

          atopy_r.png

          また、アトピー性皮膚炎は乳幼児だけのものといわれていますが、それも誤解で、実際には赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる年代に見られる病気です。


          子どものころは何ともなかったのに、ある年齢になって初めてあらわれることももちろんあります。


          実際私も発症したのは27歳の時でした。


          そのため、高齢者の湿疹だからアトピー性皮膚炎ではないだろうと、年齢だけで単純に判断することもできません。 


          そんな中で、あえてアトピー性皮膚炎と判断するためには、もっとほかの決め手が必要です。 


          アトピー性皮膚炎の判断基準1【体質】



          アトピー性皮膚炎の判断基準の一つが体質です。


          アトピー性皮膚炎になりやすい人はアトピー体質という体質を持っている人で、これは生まれつきのものだという説があります。


          アトピー体質とはアレルギーの一種ですから、家族にアレルギーの人がいるかどうかを聞けば、その人がアトピー体質を受け継いでいるかどうかのおおよその見当もつきます。 


          アトピー性皮膚炎の判断基準2【抗体の量】



          もっとはっきりさせるなら、血液検査をすることが必要です。


          根底にアトピー体質のある人は、そうでない人にくらべて血液中のIgEという抗体の量が多くなっているからです。 


          アトピー性皮膚炎の判断基準3【皮膚の性質】



          症状、体質のほかにもう一つ大事な決め手となるのは皮膚の性質です。


          アトピー性皮膚炎を起こす人は、アトピック・スキン(アトピー性皮膚)といって、毛穴がザラザラした、脂分の少ない乾燥性の皮膚の人が多いといわれています。


          こういう皮膚は刺激に対する抵抗力が弱く、また皮膚の表面からもアレルゲンが侵人しやすいのです。 



          赤ちゃんに湿疹ができると「うちの子、アトピー性皮膚炎みたいです」と、何でもかんでもアトピー性皮膚炎にしてしまうお母さんがいますが、厳密にいえば、これらのことを調べたうえで初めてアトピー性皮膚炎の診断を下すことができるのだそうです。


          米のしずくに含まれるlk117乳酸菌は、アトピーや乾燥肌など敏感な肌に効果が期待できます。


          このような肌質に悩んでいる方におすすめです。

          >>敏感な人にこそ試してほしい乳酸菌米のしずく


          【関連記事】

          菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

          米のしずくはアトピー(アレルギー)の薬と併用してもいいの?

          米のしずくの添加物について

          米のしずくアトピー効果のタブレットと乳酸菌飲料の違い

          菊正宗米のしずくを試したアトピー性皮膚炎の子供の感想は?




          | 1/1PAGES |

          PR

          【米のしずく公式サイト】

          米のしずく

          selected entries

          categories

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM