米のしずくの他にアトピー改善の為にやったことの体験談

0
    アトピーでアレルギー体質なので、米のしずくを定期購入していますが、米のしずくを飲む他にやってみて効果があったことについてまとめてみました。

    アトピー性皮膚炎は次の3つの要素が揃って初めて発症します。

    1.  アレルゲン
    2.  アレルギー体質
    3.  肌バリアー能の低下


    このうち「2 アレルギー体質」の改善に、米のしずくの乳酸菌lk117の効果が期待できます。

    すでに米のしずくでアレルギー体質の改善対策を行っているなら、「1 アレルゲン」「3 肌バリアー能の低下」についても対策したほうが良いですよね。

    アトピー性皮膚炎の私が、米のしずくの他に行っているアレルゲン対策【体験談】



    そこで「1 アレルゲン」対策として、私が行っていることは、

    •  部屋の掃除をこまめに行う
    •  掃除機とスチーム掃除機はセットで使う
    •  布団クリーナーはソファーやクッションにもかける
    •  常に空気清浄機をかけている
    •  久しぶりにエアコンを使うときは、最初の10分は窓を開ける
    •  朝・夕に拭きとり化粧水で汚れを落とし、寝る前に水で洗顔する

    アレルゲンを完全に排除することは不可能です。

    しかし、お掃除や空気清浄機によって、ダニ・ほこり・動物の毛・花粉などのアレルゲンとなりうる物質の量を減らす事ができます。

    また、入浴やシャワー、洗顔などで、皮膚に付着したアレルゲンを洗い流すのも効果があります。

    アトピー性皮膚炎の私が、米のしずくの他に行っている肌バリアー能の低下対策【体験談】



    「3 肌バリアー能の低下」ですが、アトピー性皮膚炎の人は皮膚の角質細胞間脂質であるセラミドの量が少ないため、乾燥しやすくなっています。

    乾燥しやすい肌(ドライスキン)は、遺伝的要因も大きく、根本的に改善することは難しいようです。

    肌が乾燥すると、皮膚の表面がめくれた状態になり、外部からアレルゲンが侵入しやすくなります。

    なので、保湿クリームなどを塗ることで肌の乾燥を防ぎ、皮膚バリアー能を上げることができれば、アトピーの発症を抑えることができます。

    そこで「3 肌バリアー能の低下」対策として、私が行っていることは、

    •  クリームのあとにワセリンを塗るなどして保湿を徹底する
    •  洗顔は1日1回にして拭きとり化粧水を活用し、洗い過ぎない。
    •  肌の状態をよく観察し、少しでも赤くなったり刺激を感じたら化粧品の使用を止め、ワセリンだけで保湿する

    たいていアトピーの人はアレルギー持ちなので、しょっちゅう湿疹や蕁麻疹が出ていますよね。

    お顔に出ると、湿疹や蕁麻疹のあとがシミになってしまうので要注意です。

    また、皮膚を洗い過ぎると、水分と一緒に細胞間脂質などの天然の保湿成分も流れたり、蒸発させてしまいます。

    以前スチーム洗顔を続けていたら皮脂が不足したため、それを補うために皮膚からどんどん皮脂が出て、よけいに油っぽくなって吹き出物や湿疹が出てしまいひどい目にあったことがあります。

    また朝は水だけで洗顔していましたが、それだと汚れをきれいに落とすことができません。

    なので、水による洗顔は1日1回にして、拭きとり化粧水を使うようにしています。

    皮膚を清潔にして保湿を徹底することで、正常な角質層ができてきて、敏感肌が改善していきました。


    せっかく米のしずくを飲んでいるなら、以上のような対策も意識して同時に行うことで、早く結果が出るといいですよね。

    敏感な人にこそ試してほしい乳酸菌【米のしずく】

    【関連記事】

    菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

    米のしずくはアトピー(アレルギー)の薬と併用してもいいの?

    米のしずくの添加物について

    米のしずくアトピー効果のタブレットと乳酸菌飲料の違い

    菊正宗米のしずくを試したアトピーの子供の感想は?




    増え続けるアトピー・アレルギー

    0
      今やアトピーを含むアレルギーは国民病。

      花粉症や喘息、食物・金属など、なんと日本人の36%が何らかのアレルギー症状を抱えていると言われています。

      そう、御多分にもれず私もそのうちのひとり。

      喘息以外ほとんど発症済みです。

      まさか私がアトピー・アレルギー体質だったなんて・・・


      初めて自分のアレルギーを自覚したのは、20代前半のこと。

      その頃大豆イソフラボンが女性ホルモンに良いと聞いて大豆スープを毎日食べていたら、ある日すごい蕁麻疹が出て発症。

      その後次々と、キウイ、海老、カニ、ひえ、あわなどの食物アレルギーになり、金属アレルギー花粉症と順調(?)に推移して、20代の後半にはとうとう正式にアトピー性皮膚炎と診断されました〜

      なので、そんな中菊正宗【米のしずく】を知った時本当に嬉しかったんですぅぅぅ!

      なので、もしも私のような体質の人やアレルギーの子供を持つ方の参考になればいいなぁと思い、このブログを立ち上げました!

      大人アトピーでもあきらめない

      アトピー歴20数年。
      薬じゃないもので少しでも良くなる可能性があるなら、なんでもトライしてみたい!!!と思うのが人情というもの。

      ひどい時は抗アレルギー剤や副腎皮質ホルモンを使ったことがあるので、自然のもので少しでも症状が抑えられるって朗報です。

      もちろん食生活を含め生活習慣に気をつけて、発症しない環境を整えることが基本だけど、年々イヤでも老化による体力や免疫力の低下は避けられない。

      ここ2〜3年は、気をつけていても体調が良くない時はどっと蕁麻疹が出たりするのです。

      花粉症の時期は絶好調で、洗濯物を干すときも、防止・メガネ・マスクをかかせない。
      ハタから見たら変なおばさん・・・

      最近はごく普通の化粧品も刺激を感じることが多くて、とうとう洗顔しない美容法を実践中。

      あ〜アレルギーに負けない強い身体になりたいよぉ〜

      一度なってしまったら、一生完治しないと言われるアレルギー体質。

      でもまだまだあきらめないぞっっっ!




      【関連記事】

      米のしずくタブレットタイプの定期コース体験記

      米のしずくの添加物について

      米のしずくアトピー効果のタブレットと乳酸菌飲料の違い

      菊正宗のlk-117乳酸菌がアトピーを抑制するのはなぜ?

      アトピーアレルギー抑制が得意な米のしずくのlk-117乳酸菌




      | 1/1PAGES |

      【米のしずく公式サイト】

      米のしずく

      selected entries

      categories

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM